単身引越しなら赤帽

赤帽を利用した女性の単身引越し

私は一人暮らしのときに、度々引越しをしていました。今考えると、お金がもったいなかったなぁと思うのですが、その時は中目黒に気に入りの家が見つかったら引越をしたり、その次には家賃を抑えるべく兄の家へ転がり込むために引越しをしたり・・そんなことをしていました。その引越しの度に幾度も利用したのが赤帽です。無駄に引越しを繰り返していたくせに、引越し費用は抑えたかった私。安価で引越しができる赤帽を選びました。

 

女性の単身引越し業者を探すときに使ったサイト

(1)https://xn--2014-973cya6fyf.biz/
(2)軽貨物引っ越し

 

結局赤帽に決める

赤帽は、運転手兼荷物の運搬をしてくれる方(大抵、おじさん)が一人来て作業をされます。作業員は一人ですので、場合によっては、引越しをする本人(私)も作業を手伝うことになります。重い荷物は当然ほとんどを赤帽の方が運んでくれますが、洗濯機や冷蔵庫など、一人での運び出しが難しいものについては、手伝う必要があるのです。力仕事はしたくないわ。という女性には不向きですが、私はせっせと動くことが嫌いではありませんでしたので、逆におじさんといかにチームワークを発揮して、迅速に作業を終えるかというのを楽しみながら作業を手伝いました。全ての荷物を運び出したあとは、赤帽の方が運転する車の助手席に乗って、新居へと移動し、今度は荷物の運び入れをすることになります。これまでの内容でお分かりかと思いますが、赤帽を利用しての引越しは、少なからず赤帽の方と会話をする必要が出てきます。ご職業柄、あまり口下手な方はいらっしゃらないと思いますが(私が3度ほど利用した中には、会話に困るような方はいらっしゃいませんでした。)初対面の方とお話するのは苦手・・という方にはあまりおすすめ出来ないかもしれません。

 

公式

 

私の場合、引越しの度に赤帽にお願いをしたのは、一番始めに利用した赤帽のおじさんの印象がとても良かったことと、明らかに引越し費用を抑えられたからです(東京の豊島区から目黒区間の引越しで5万円程度だったと思います。)ちょっと独特な引越し方法ですが、費用を抑えたい方には一度検討に入れて頂きたい赤帽さんです。

 

どうしても赤帽のような引っ越し会社は嫌で大手がいいという方はアート引越しセンターがおすすめです。大手の中ではサービスの質が圧倒的に良いという印象です。